シックハウス症候群の発生源や原因を徹底解明 !
住まいのしおり

知っていますか?シックハウス

シックハウス症候群とは( Sick Building Syndrome)の和略。Sickとは、「病気の」という意味。そのまま直訳すれば「病気の家、症候群」とでも言うべきなのでしょうか。

室内空気汚染、シックハウス症候、化学物質過敏症など、いろいろな呼び名で言われていますが、居住者が、建物が原因での頭痛、吐き気、めまい、平衡感覚の失調や呼吸器疾患などいろいろな症状、体の不調を感じる事が大きな問題となりつつあります。

安全な住居を維持するには、シックハウスについての基本的な知識が必要です。シックハウス危険度が大きい人は基礎知識でもう一度再確認してみましょう。

シックハウス症候群を知るためのステップ

ファブリック類のカーペット、カーテンとホルムアルデヒド

このサイトでよく質問を頂く内容で、一番身近にあるカーテンやラグ(カーペット含む)でご心配されている方々が多いです。

カーテンならそれらの生地にホルムアルデヒドが含まれているか、カーペットや絨毯ならそれらを製作する工程で使用する接着剤など、目に見えないところでホルムアルデヒドが付着している可能性もあります。カーペット、カーテン、ファブリック類とホルムアルデヒドもご参照ください。

近年はそういった接着剤を使用した製品は、ほぼ見かけなくなりました。どうしても心配なら国産のファブリックを取り扱うショップ、もしくは販売店で購入するんがよいでしょう。身近にあるカーペットやカーテン、ファブリックを安心して購入する場合は、大阪のカーペット(絨毯)通販型のショップで一度、ご相談されてみてはいかがでしょうか。

大手メーカーでは、東リ(建築基準法改正の取り組み)のショールームにご相談されるのも解決方法かもしれません。

ピックアップ記事

  1. 相談窓口

    室内ホルムアルデヒド計測器の貸し出し機関

    シックハウス症候群の原因ホルムアルデヒド計測器の貸し出し・相談・計測の依頼も受け付けている事業実施機…
  2. 揮発性有機化合物

    化学物質とシックハウス症候群の関係

    シックハウス症候群を引き起こすと考えられている化学物質の代表例は合板、古い家具や塗料、接着剤などに含…
  3. インテリア材料

    インテリア材料とホルムアルデヒド対策

    建築基準法施工令は、国土交通大臣がホルムアルデヒド発散量の区分に応じた認定を定めています。ま…